会社紹介

当社のコンセプト
私たちの作品は、最も魅力的な生物を、その環境下で360°撮影したものです。観客は、専用の場所で用意されたバーチャルリアリティヘッドセットを使って、野生動物との親密な出会いを楽しむことができます。

ワイルド・イマージョン・チーム

グレゴワール・モワソン(Grégoire Moisson)

CEO
起業家としての経験を何度か積んだ後、グレゴワールは野心的で断固として前向きなプロジェクトへの参加を希望しました。自然とRV技術に情熱を燃やすグレゴワールは、意味とインパクトのあるプロジェクトに参加するため、CEOとしてワイルド・イマージョンに参加しました。グレゴワールは、スタートアップ企業を成功させることで、キャリアの中で身につけたスキルを総動員しています。パリ・ドフィーヌ大学でイノベーションマネジメントの修士号を取得。

アドリアン・モワソン(Adrien Moisson)

共同設立者 - 理事
元獣医および広告業者であるアドリアンは、2017年にワイルドイマージョンを設立しました。彼は、最初の仮想保護区域を通じて一般の人々を教育し、自然につなげる体験を開発したいと考えており、これは、最終的には実際の自然保護区域の保護に資金を提供することです。ジェーン・グーダル博士によってサポートされ、このイニシアチブにより、アドリアンは生息地や野生種の保護だけでなく、特に、人類と自然界との関係についても考えるようになりました。ワイルドイマージョンの成功が続く中、アドリアンは、同じ目的で新しいプロジェクトを企画したいと考えています。それは、人間と自然を結びつけることで、生物多様性の保護に関する人々の意識を高めることです。

ラファエル・オピ(Raphaël Aupy)

共同設立者 - 社長
ラファエルの映像への使命感は、子供の頃に根付いていました。ESRA-Parisで学んだ後、編集者、リギング技術者、チーフオペレーター、ディレクターと一連の経験を積む。冒険家、情熱家、起業家であり、カメラを持って世界中を旅しています。2015年には制作会社「BRAINWORKS」を設立し、映像の面でも究極のレファレンスとなっています。最新の映像技術に精通しており、必要なシーンだけでなく、意外なシーンも流麗に撮影し、映画的な美しさを高めています。2017年には「Wild Immersion」を共同設立し、360度での最初の10作品の共同監督とポストプロダクションを担当しました。